婚約指輪の価格差

婚約指輪に大きな価格差がある一番の要因は、指輪に石が装飾されている点です。
婚約指輪には、ダイヤモンドが装飾されることが一般的です。これは、ダイヤモンドが硬いこと、そして他の宝石よりも美しい輝きを放つことがあります。石言葉も永遠の愛、純潔、といった一生一緒にいることを誓う時に贈るのにふさわしい石であるといえます。

このダイヤモンドには4Cという評価基準があり、カット、カラット、カラー、クラリティの4つの事を指します。この基準によって価格が左右します。この4Cのクオリティが上がれば石は高級となり、高級な石を選べば自ずと指輪も高価になるのです。
もしも、予算の範囲内でどれを基準にすればよいかわからない時にはカラット数とカットに注目して選ぶのがおすすめです。

ここ数年、ほかの人とちがうオリジナリティのある指輪を贈ろうと誕生石や結婚月の石といった他の石を装飾して贈る人もいます。他にもピンクダイヤモンドを贈るという人もいます。ただし、このようなメジャーではない石を装飾する場合には、彼女の意向を聞いておく方が望ましいです。女子にはこだわりがある人も多いので、一般的なダイヤモンドの婚約指輪を望んでいる場合もあるためです。

婚約指輪の相場

婚約指輪を購入するにあたって気になるのが相場です。もちろん、皆と同じ金額のものを購入する必要ないのですが、やはり周囲の人が選ぶ指輪がどのくらいかというのは気になるものです。

一般的に婚約指輪の相場は20万円から30万円と言われています。しかし、実際にアンケートで最も多い回答は10万円から20万円です。
この差異が生じるのはこのアンケートの回答者の中に高価な指輪の購入をしている人もいるためです。50万円以上の指輪を購入している人も1割近くいますし中には100万円以上のものを送ってる人もいます。

もちろん、一番大切なのは価格より相手の希望に合ったものを贈ることです。女性は誰もが婚約指輪に憧れがあるものです。デザインやブランド、石のカットの形など、男性にはわかりにくいこだわりもたくさんありますから事前に彼女の望んでいる指輪のリサーチをして少しでも理想に近い指輪を見つけることが大切です。

また、喜んでもらうためには彼女の好みの婚約指輪を贈るだけでなくその送るシチュエーションも大事です。一般的にプロポーズのタイミングで婚約指輪を合わせて送ることも多く、女性はその時のシチュエーションにも理想があるものです。
サプライズをして欲しい人もいれば自然に渡されたい人もいます。この渡し方が指輪と同じくらい大切ですし、指輪の思い出をより濃いものにしますから指輪選びと同じくらい大事にしたいものです。

婚約指輪とは

女性であれば、必ずプロポーズや婚約指輪に対して憧れがあるものです。プロポーズも婚約指輪を贈られることも一生に一度のことであるため、どういう形式でプロポーズをされたいというシチュエーションへの憧れを抱いている人もいますし、指輪のデザインへのこだわりがあるという人もいます。
これから一生涯共に過ごすパートナーへ愛の誓いをするものですから、記念に残るよう、相手の望む理想のものを叶えたいと思うものです。

婚約指輪を用意してプロポーズをするというときに、男性の多くはどのようなものを購入してどのように渡せば良いか迷うものです。
事前に彼女に一通り欲しい指輪のタイプを聞いておいたり、して欲しいプロポーズのシチュエーションを聞いていたとしても、男女ではイメージの差が生じることもありますし、その少しの差が大きな違いとなり彼女のイメージしていたものとはかけ離れたものになってしまうこともあります。思っていたものと違うことでサプライズになり喜んでもらえることもありますが、逆に思っていたものと違うことで悲しい思いをさせてしまうこともあります。
そこで、失敗しないためには事前リサーチをしっかりして、相手の喜ぶ指輪と私方を知ることが大切です。

そして、もう一つ心配なこととして婚約指輪を購入するにあたってどのくらいの費用が必要かということです。結婚式前はお金がかかることが多くありますから、事前にどのくらいお金が必要であるか知っておくことはとても重要です。
そこで、ここでは婚約指輪の渡し方や選び方と予算としてどのくらい用意をすることが必要かという婚約指輪について知っておくべき情報について紹介をしていきます。